« 2018年04月 | メイン

2018年08月27日

宝満山へ

暑い。

今日も37度の予報が出ている。

しかし9月の連休に北アルプスへ行く予定だ。 山へ行ってトレーニングしなければ。

前回の山では、へとへとに疲れた。 心もとない。

                                                                 ・
                                                                 ・
こんな暑い日は、宝満も人が少ないのではないか、そう思って出かけることにした。

九重へ行けば涼しいのは分かっているのだが、往復4時間はもったいないし、筋力を

鍛えるには宝満の、あの石段が効く。

                                                                 ・
                                                                 ・
登り始めから1時間は、高温と多湿で猛烈な汗である。

左耳から右耳へぐるっと後ろ回りに、髪の毛が水をかぶったようになっている。

シャツの、胸から下は色が変わるほど濡れた状態。

まぶたを伝う汗が目に入ると痛いので、その前にぬぐわなければ。

小さなタオルで拭ったあと、胸のポケットにしまうのだが、気づくとポケットまわりまで

タオルの濡れが移って、変色している。


                                                                ・

ここまで汗まみれとなると、かえって爽快である。

いつも休む水場が見えてきたが、ザアザアという水音がしない。

切ったパイプから流れ落ちる水は、今までになく細くて、水枯れ寸前である。

山も、この酷暑には参っているのだろう。

IMG_2388_R.JPG

百段ガンギ。

修験道の山らしい、この雰囲気が好きである。


                                                                ・
                                                                ・
朝食を摂っていないことを思い出し、コンビニのおにぎりを食べた。

お陰でちょっと元気が出て、石段の段差も、避けずに大きく越えていく。

大腿筋を鍛えなきゃ。

                                                                ・
                                                                ・
半ばを過ぎると、汗を出し尽くしたのか高度とともに気温が下がったのか、身体が落ち着いてくる。


とともに、樹林の登りが終わって変化のある道となり、ここから山頂は遠くない。


IMG_2386_R.JPG

辛さを慰めてくれる、ホトトギスの花。

樹林で聞こえていたソウシチョウのにぎやかな声が、いつしかシジュウカラの静かな声に

変わっている。

                                                                ・
                                                                ・
大石の間からぽっかりと出て頂上へ登る。

このあっけなさは、いつも楽しい。

登り切った山頂には、夏の終わりを告げるトンボの群れがおり、黄色と黒のまだら模様の

大きなオニヤンマがその間を行き来していた。

                                                                ・
                                                                ・

IMG_2382_R.JPG

夏と秋のあわいの、青い空と白い雲。

標高800メートル台でも十分に涼しい。  

結構な人数が休んでいて、自分の脚力だけでここまで来た人々の誇りと、自然が穏やかな

時に見せる、いつもの平和が満ちている。

                                                                ・
                                                                ・

IMG_2384_R.JPG


私のザックには、2リットルのペットボトル。

2本入れるべきだが、1本で止めたのは自信の無さにほかならない。

次は2本。 

しかしこんなで、9月は大丈夫なのだろうか?