« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月24日

早慶戦

酷暑続く日々、じっとしていてもと、野球に出かけました。

大学野球です。

学生野球なんて何十年ぶり(?)でしょう、早慶戦を見に行こうと誘われ、

北九州市民球場まで友人たちと出張りました。


一塁早稲田側のスタンドに入ります。

お目当てはもちろん、斉藤投手。


まずは開戦前のエール交換に、じんときます。

スタンドみんなで歌う校歌と共に、校旗を持った応援団入場。

soukei e.jpg

写真では巻き上がって分りませんが、巨大な旗です。

1人で支える姿に「カッコイイーッ」と早くも熱が上がる。


開始後すぐは1−2と慶応有利でしたが、4回からは早稲田が毎回大量得点。

得点のたび、みんなで肩を組んで応援歌斉唱。

最初は喜んでやっていたものの、続くと疲れて座ったままの人続出。

ほんものの学生野球との違いです。お客は決して若くないので。


しかしチアリーダーを初めとする学生応援団はさすがに若い。

soukei a.jpg

4時間以上のゲーム中、いつも元気でへたばりません。

若いから当然ですかね?微笑みを絶やさないし。

soukei c.jpg

女の子だけのピラミッド。3段も積んで大サービス、お客大喜びです。

途中から応援団OBと覚しきユニホームのおじさんたちが混じり始める。

「私はこの日のために島根から出てきたんだー」「そうだ!」(これは観客の合いの手)

「遠くから来たからにはこの試合は早稲田の勝利に違いないのだー」「そうだ!」

と、盛り上がりますが、この方のお腹は前にどーんとせり出していてすごい。


隣の席のお母さんは息子に、「ご飯をいっぱい食べたおじちゃんだね」。

反対隣のおじさん達は、「ストレスで太ったんだろうね」と、さまざまな反応。


肩を組んで歌ううち、スタンドも打ち解けた雰囲気になっている。

試合はぼろ勝ちの様相だが、肝心の斉藤が出てこない。

周りにいる小学生達はみんな彼が目当てのようです。「まだかなー」


隣のお母さんと教育論まで交わす仲になった頃、もう試合の結末も見えて安全範囲に

なった9回ですが、ようやく彼の背番号10番(キャプテンナンバー)がマウンドに向かう。


会場いっぱいのどよめき。

気持ちいいでしょうねー

双眼鏡にしがみつく私。高校時代より肉付きよく逞しくなった斉藤投手がそこにいました。

soukei d.jpg

さすがに安定した投球。

思ったとおり、3者凡退でたちまち出番は終わりです。

あーあ、というこれまた会場の嘆息。


夏の夜は更けて、半月が正面に見える頃、長い試合はようやく終わりました。

soukei b.jpg


斉藤目当てのファンが入り口で出待ちをする中、涼しくなった小倉の町をあとにして

帰福しました。


明日からまた猛暑の生活。

でも、たまにはこういう息抜きもよいものです。


カメラを持って行かなかったので、写真は友人E氏から提供を受けました。

一緒に見る友人達あってこその、楽しい野球観戦です。感謝!