« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月27日

冬の終わり

早くも1月が終わります。

今が寒さの底でしょうか、毎朝起きるのが辛く、遅く帰る時にはほんとに寒い。

でも2月がくると思うと、もう春を迎える気分になってくるから不思議。


昨日の朝から、ネコが外に出してくれというようになりました。

日差しの暖かさを敏感に感じるようです。

今年は遅かったスイセンが、ぽつぽつと白く咲き始めている。


ウグイスが、我が家の小さな池のほとりにやってきました。

ツツジの木からだんだんに下へ移動して、池のふちで水を飲んで飛び去ります。

久しぶりに我が家でウグイスを見て幸せな気分。


こうやって春を少しづつ感じる日々は、嬉しい時期。

でも、出ていったネコはもう帰ってきました。まだ時期尚早だという目で。


冬は行きつ戻りつしながら去っていくのです。


今年の冬はチュウヒをたくさん見たいと願っていました。

まだまだ不十分ですから、もう少し留まっていて欲しい。

冬の草原は、茶色く枯れたように見えても生きている、ほんとに枯れたのなら

バラバラになって飛び散るはずだ、ホラ、こんなにしなやかでしょ、と息子から示されました。

正月に2人でドライブした時のことです。


やがて枯れ野も緑に萌え出ずる春を迎えるのでしょう。

その日までに、なんとかもっとチュウヒをファインダーに捉えたいものです。


私の冬は、まだまだ終わりません。

tyuuhi.jpg


sougenn.jpg