« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月02日

晩秋の陽

春にしか感動を覚えなかった頃 私は若かった

いま、秋の終わりの茫々とした日暮れに惹かれる年頃となり

車を駆って枯野をかけめぐる


日の出も春とは違うが

日の入りは更に違う

傾きだした陽射しが草を黄金色に輝かす頃

そう、2時ごろからが好きな時間


いつもの葦原に着くころ 霜に焼けた草が紅く光る

顔なじみに挨拶して 私一人逆光側に立つ

ねぐら入りするチュウヒを 光る草の中で捉えようと


紅く輝く草原に舞い降りるタカが撮りたい

いつもうまく行かないが いつかは と思いつつ日没に居る


真っ赤な晩秋の入り日よ ねずみ色の風景の中でただひとつ色を持つもの

ああ音もなく沈む ああ地平に没する


うつくしき秋の陽よ 再びよみがえれ また明日は朝日として昇れ

_DSC5380_R.jpg