« 2008年10月 | メイン | 2009年01月 »

2008年11月22日

カラスと猛禽

カラスってどうしてあんなに猛禽類を目の敵にするのでしょうね。

この秋、タカやコミミズクがカラスに追われるのを何度目にしたことか。


まずはトビ。

DSC_4282a_R.jpg

                  うるさいヤツ、どうやって追い払おうか

このトビは、くるりと飛ぶ方向を変えてカラスをまきました。

冬になってやってくるタカ類に比べると、いつも居るトビはそんなにしつこい追跡は

受けないようです。


渡ってくる猛禽類は、目障りなんでしょうかね しょちゅう追われるのを目にします。

DSC_0640b_R.jpg
                            カラフトワシを2羽のカラスが追う


たまには反撃

DSC_3283a_R.jpg
                      チョウゲンボウが切れた!「このカラスー」


DSC_4050_R.jpg
                        「やーいやーい、ハヤブサおばさーん」

くるりと振り向いたハヤブサが「何だって!」

DSC_4051_R.jpg
                         「わ〜 ごめんなさーい」と逃げてゆく

自然界はどこも、厳しい争いがつきもののようです。

さてさて、秋になったと喜んでいたら、早くも冬の足音。

季節は規則正しく、次のステージへと進んでいきます。