« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月29日

梅雨まっただ中

よく降ります。  週末は特に雨つづき。

洗濯物が乾かない、猫にノミがわく、いつもお決まりのバルサンジェット活躍。

今年の夏鳥ウオッチングがうまくいかなかったのも、この雨と大いなる関係が。

サシバのカエル捕り  見れず   タイミング合わず。4回全敗

ヤイロチョウ       見れず   今年は少なかった?2回ともダメ

サンコウチョウ      声のみ   長い尻尾、今年はダメか。 何度挑戦したかなぁ?


この3種のために、ひと月ぶんの休日をつぎこんですべて失敗。

でも、人が見てない珍鳥など見たのでゼイタクは言いません。ワタシは幸運です。。

この間にも、野鳥の雛たちは続々と巣立つ。

DSC_0201b_R.jpg
                      ヤマセミの巣立ちビナ、兄弟喧嘩シーン
                  (こんなの、今度いつ撮れるか分かりません。恵まれました)


ban_R.jpg
                                 バンの兄弟
             (人が来るとダーっと逃げるのに、じっとしてるとすぐそばへ出てくる。
                         こんなんでリスク管理、大丈夫?)


hoshigoi.jpg
                                ゴイサギの幼鳥
                        (母親に甘えてついてまわってました)

季節は確実にめぐり、夏本番が近づく。

あつい夏!  苦手な夏!

今年は無事乗り切れるか?  今から秋を思ってるワタシ。

2008年06月04日

忍び音

ある日。

お世話になっている鳥のお仲間からメールが


「♪卯の花のにおう垣根に ホトトギス早も来鳴きて 忍び音もらす夏は来ぬ♪」

『ホトトギスはあんなにけたたましく鳴くのに 忍び音と表現するのはなぜですかね?』


霧島連山を望みながら鼻歌でドライブ中のこと。

え?難問だなぁ、だって私は今まで、訪れたばかりの夏が「忍び音」を、と

思ってたんですから。 でも、ホトトギスのほうだよな、これは。


「分かりません スミマセン」と返事。 さ〜て どういうことかしらん?

霧島山のふもと、白い卯の花があちこちと咲きこぼれ、遠くホトトギスの

「キョッキョキョカキョ」という声も聞こえるおあつらえ向きの舞台にもかかわらず、さっぱり???


帰宅後調べてみます。

忍び音 判明! 

 ホトトギスは万葉時代より日本人に愛され、初鳴きを聞こうと宮廷人が徹夜するほど。

   (夜でも鳴きますから。これってバードウォッチングのはしり?)

  渡ってきた初めは、声高に鳴かずひっそりと鳴く(忍び音)と考えられていた

  和歌の世界では、旧暦4月は忍び音の季節、5月になると木の上で声高に鳴くということに。

そうか〜 おかげで賢くなりましたよ。


ついでに、忍び音は秘めたる恋の代名詞として使われたとかで

和泉式部
ほととぎす 世にかくれたる忍び音を

 いつかは聞かん 今日も過ぎなば   (4月30日に詠まれた歌)

 
敦道(あつみち)親王
忍び音は 苦しきものを ほととぎす

  こだかき声を 今日よりは聞け  (翌5月1日に返した歌)


おお、 これはものすごく機知あふれる恋歌のやりとりです。

和泉式部の歌は、

4月も今日で過ぎるから、いつまでも忍び音ではいられない、貴方はいつ恋を

隠さず語られるのか?って意味でしょうか


返歌がまたすごい

秘めた恋は苦しいが、もう5月になったから声高く(木高く)歌おう、

見ていてくれ、といった意味でしょうね。


敦道親王とは、有名な和泉式部の恋の相手。


兄の為尊(ためたか)親王は和泉式部との恋に浮かれ出歩いて、はやっていた

伝染病にかかって26歳の若さで亡くなってしまい

そのあと4歳下の弟、敦道親王もまた彼女と恋に落ち、怒った妃は家を出たとか。


どちらも許されない身分違いの恋です。


でも、こんなウィットに富むやりとりのできる相手はそうそう居なかったでしょうからね、

魅力あふれる女性だった思われます。

しかし昔の人は教養高いですね、冒頭の歌を書いたのは佐佐木信綱ですが、

こういった知識を持って書いたわけですから、この人もすごい。ま、当然でしょうけど。


「夏は来ぬ」

2番
 さみだれの 注ぐ山田に 早乙女が裳裾(もすそ)濡らして

   玉苗(たまなえ)植うる  夏は来ぬ

4番
 楝(おうち)散る 川辺の宿の 門(かど)遠く

   水鶏(くいな)声して  夕月涼しき夏は来ぬ

      ―――楝はセンダンのこと センダンの花は薄紫できれいです

いやー、昔の唱歌って美しい言葉で書かれていますね。


DSC_0304a_R.jpg
   ホトトギスの写真がありませんので、今日はクイナがピンチヒッターを勤めます。